気まぐれで降りた、見知らぬ街の本屋さんと生姜焼き定食

先日、ふと気まぐれで電車に乗り、適当な駅で降りて散歩をしてみました。
知らない街に行き、知らない街を歩くというのはとても新鮮で、それだけでも十分楽しかったのですが、それ以上に楽しかったのがたまたま見つけた古本屋さんです。
私は本が好きなので入ってみたのですが、多種多様な本を取り扱っており、さらに本の試し読みのための座席まで用意してありました。
欲しかった本を何冊か試し読みしていると、店主の方がサービスでコーヒーを出してくださいました。これもとてもおいしかったです。
結局その店では試し読みした本を買い、店を後にしました。
本屋さんからの帰りに、駅の近くにあった定食屋さんに入りました。
孤独のグルメに出てきそうなぐらい普通の定食屋さんでしたが、注文した生姜焼き定食はとてもおいしくて、ついついご飯をお替りしてしまうほどでした。
こういう風に見知らぬ街を当てもなく歩くというのは初めての体験で、最初はちゃんと帰れるか不安でしたが、やってみるととても楽しかったです。
今度の休日は、別な街を歩いてみようと思います。
Qutt-tea口コミ

投稿者:

パーマリンク